解答の根拠を見つける 中学受験は明利学舎|江東・江戸川区

 江東区、江戸川区西葛西・葛西及び東西線沿線エリアで国私立中学受験ご希望の方へのBlog内容です!!

こんにちは、国私立中学受験コース講師の前田龍太郎です。「国語を勉強する際に意識すべき7つのポイント」から
今回は「根拠・理由」についてお話しいたします。

 

根拠がない解答では正答に結びつかない

文章の内容把握ができているのに
なかなか正答に結びつかなかったり、
得点がいまひとつ伸びないということがあると思います。

きかれている問いに対して、
選択肢を選ぶものや文章からの抜き出し
で答えさせる問題を間違えてしまう生徒に
「どうしてその答えを選んだのか」を尋ねると
「何となく」と答えることが多いです。

この「何となく」を続けているうちは
こういった問題をある程度の割合で
取りこぼすことになりますので、
なかなか結果には繋がりにくいでしょう。

何故、「何となく」答えてしまうのか?

「何となく」答える原因は選択肢の問題も抜き出し問題も共通していて、
きかれていることに答えようとしていないからなのです。

選択肢の問題は選択肢の文が、抜き出し問題は字数制限などが
解答者の目を惑わせます。

設問の文に書かれている「何が問われているのか」
設問で示されている傍線部を含む文
これらの読み取りをせずに
選択肢の吟味や、字数が同じ言葉やそういった部分を探すようなことをしています。

これでは問題を作った人の罠にかかってしまうでしょう。

「何となく」を防ぐために・・・

まずは日頃から設問に向き合う時に
「何を問われているのか」
を意識する習慣をつけることが大切です。
これは国語に限らないことでしょう。

明利学舎では設問にしっかり向き合って考えることが
できるように指導しております。

次回は「根拠・理由」についてお話しいたします。

関連記事

  1. 中学生の保護者へ

  2. 内申をとるために|江東区・江戸川区西葛西地域

  3. 明利学舎の算数その2 ~本物の頭を育てるノート指導とは~

  4. 語彙力の必要性 明利学舎|江東区江戸川区西葛西中学受験指導

  5. 外部模試結果

    外部模試及び志望校別対策模試受験(検)の勧め

  6. 明利学舎の算数その3 ~本物の頭を育てるノート指導とは~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

コース案内

読書くらぶ   YOM-TOXで学ぶ英語de読書コ―ス   中学受験準備クラス   中学受験スタートクラス   国私立中学受験クラス   公立中高一貫受検クラス   飛び級進学コース   高校受験コース   フォローアップクラス   人間力養成講座   オンラインLive授業コース
合格実績     速聴・速読   塾長面談予約フォーム   YouTube   Facebook   講師募集   ジュクサガス   エキテン