東京都江東区・江戸川区の幼児教育・中学受験・高校受験なら江戸川区西葛西の個別指導塾・学習塾 明利学舎(旧学研CAI西葛西教室)

明利学舎「親子特別授業保護者対象説明会」を開催しました。

親子セミナー

全国の塾でも初の取り組みです!

2/16(月)、東京都江戸川区船堀のタワーホール内会議室にて、明利学舎「親子特別授業保護者対象説明会」を開催させていただきました。
これは既にメール等でご連絡させていただいている通り、当塾が新年度よりカリキュラムの中に組み込むもので、小学校高学年の生徒さまとその保護者さまを対象に、親子セットで受講いただくという全国の塾でも類を見ない画期的なものです。
日本の塾・学習塾として初めて本格的なメソッドとして導入します。
事前から保護者さまの関心も非常に高く、2月の中旬の月曜日の夜18時45分開始という非常にお忙しい時期・時間帯であるにもかかわらず、約70名の保護者さまにご参加をいただき、特に親子特別授業必修の対象である小5-中学生のご家庭に至っては、9割の保護者さまにご参加をいただきました。
当塾の理念にご賛同いただき、本当にありがとうございます。

参加したかったけれどご都合の調整がつかず、という保護者さまもいらっしゃったと思いますし、何しろ初の取り組みですので、事前のご連絡だけではイメージがわかなかったという方もいらっしゃると思いますので、実際の内容も含めて、この場でご報告をしたいと思います。

親子特別授業説明会まず、今回の取り組みですが、当明利学舎が単独で行っているものではございません。
「ご家族一体となって、お子さまの能力を飛躍的に成長させる全く新しい学習法」というものを開発するために、脳力開発の専門である某協会さまの協力を得て行っております。
一中小塾が外部団体とコラボレーションして教育カリキュラムを組むというのは、恐らく初めての試みです。
その協会は独自に開発した脳の特殊な使い方による記憶術メソッドを展開しており、明利学舎スタッフは全員が上級トレーニングの「アドバンス・コース」まで修了しています。
このメソッドに当塾が長年培ってきたノウハウを注入し、中学受験ベースの学習内容に完全に落とし込んだものが今回の親子特別授業の内容です。
導入の目的を簡単に申し上げますと、以下の通りです。

①目標達成・やる気アップ・良質な親子関係構築・親子共々自己肯定感を上げる・プラス思考・第一志望校合格
②イメージ記憶法・分解法・転換法・磁石法等々の超記憶法の習得(記憶学習の大幅な短縮)

当塾も塾歴20年で、子供をダメにするのは100%自分も含めた親であり、たくさんの保護者の方々もお子さまをダメにしている姿を見るにつけ、子育ても「無知」が一番の罪作りとの結論でした。
お子さまの指導だけでは限界があると、もう一歩踏み込み「保護者と親子で出来る勉強会」を模索し、私も自分で体験して究極はこれしかないと確信に至り、塾の限界点を超えられると導入に至りました。

先ほど「脳の特殊な使い方」と一口に言いますが、そう簡単にできるものではございません。
脳は人間のすべての思考・行動をコントロールするものであり、また生活環境等によって成長の仕方が変わってくるものでもあります。
そのような意味においても、今回の取り組みは「親子特別授業」という形で、保護者さまもご一緒に受けていただくということを前提にしていることをご理解いただければと思います。

30個の不規則な単語を一瞬で記憶する驚愕の事実!

親子セミナーここからは実際の今回のセミナー内容について触れさせていただきます。
今回はアクテイブブレイン協会の代表 小田全宏さまにも講演をいただきました。

代表からはその協会のメソッドの土台でもある「陽転思考」という人間学を中心としたお話がありました。
「陽転思考」とは世の中一般で言われている「プラス思考」を1歩も2歩も進めたような考え方なのですが、この思考を取り入れることで、「やる気」「集中力」「創造力」といったものが飛躍的に向上します。
実際、代表のお嬢さまが、この「陽転思考」→記憶術メソッドを行うことで、中学受験を突破されたという実例のご披露もあり、参加された保護者さまも腑に落ちたのではないかと思います。

親子セミナーそして、お話の最後にはこの記憶術のスゴさを感じざるを得ない実演がありました。
参加された保護者さまから何の規則性もない単語を1つずつ出していただき、その30個の単語を番号をつけながら、一度聞いただけで覚えてしまうというものです。
具体的に言うと、「1番 青汁、2番 受験、3番…」といった感じで30個の単語を続けざまに読んでもらい、それを一度聞くだけです。
これをすべて答えるのです。
また、1~30まで順に言うだけでなく、逆からも、また「何番は○○」とか「○○は何番」というカタチで、完全に覚えているのです。
これには実際に参加された保護者さまも、思わず拍手でした。
これはあくまでも、この記憶術メソッドでできることのひとつであり、これが目的ではありません。
このようなことが実現できる脳の使い方をすることで、前述の目的が達成できる人間に成長するいうことに大きな意味があるのです。

余談ですが、実は今回代表にお話しいただくにあたり、今年は2月16日しかスケジュールが空いていないとのことで、この日程で開催させていただきました。
今回のプロジェクトはその協会にとっても初めての試みということで、代表もそのような忙しい中、駆けつけていただきました。
非常に手前味噌ではございますが、この「親子特別授業」が如何に意味があるものなのかということが、おわかりいただけるのではないかと思います。
代表にはこの場をお借りして感謝申し上げます。

この「親子特別授業」で私たちが望む成果

親子セミナー代表の講演の後は、実際にご協力をいただく協会の認定講師の方々からのお話がありました。
「親子特別授業」で得られる成果を具体的にお話いただきました。
簡単にまとめますと、以下のような成果が得られます。

【お子さま】
●勉強が好きになる
●自信とやる気が大幅アツプ
●記憶時間の大幅短縮
●親子参加で学ぶ親の姿に感動する
●両親に感謝できる。

親子セミナー【親子】
●同じ課題に取り組む事で親子の信頼感・絆を強化
●受験に親子で臨む一体感を計る
●親子に生まれる受験、学習取組への自信

【保護者さま】
●脳の活性化が子供に好影響を与える
●記憶力の向上(軽自動車がスポーツカーに)
●子供の無限の能力に感動する
●誉め育ての習慣化

以上です。
明利学舎として、これから教材作成にも取り組んでまいります。
そして、今までに現存しない「トータルメソッド」を明利学舎として、確立致します。
そして一人でも多くの保護者さま・お子さまのお役に立てるよう頑張ってまいりますので、今後とも何卒宜しくお願い申しあげます。
ご参加・ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

明利学舎
塾長 鈴木 明男

当日の模様をご覧ください。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る