速聴・速読法について(脳力開発プログラム)

速聴・速読法って何?

速聴・速読学習風景

学習風景

一般的な速読法の訓練とは全く違い、お子さまでも楽しく飽きずに訓練ができる方法として、米国で開発された速聴・速読法
様々な書籍やテキストの朗読音声を聞き、それに合わせ文字を追うという聴覚をも刺激した方法です。
はじめは紙芝居レベルでも、次第に速く読めるように訓練することで、情報が右脳に直接入力できるようになります
明利学舎では、日本でもいち早くこの学習法を採り入れました。

通常の朗読音声では、5倍以上になると普通の人はほとんど何を言っているのか聞き取れなくなります。
しかし、訓練を積み、脳が慣れてくると、訓練次第では5倍~8倍の音声を楽に聞き取れるようになります。

学習の記録

学習の記録

このような状況下では、脳は追唱(声を出さずに頭の中で文字を音声にすること)をする時間を許さず、情報が直接右脳に入り記憶されるようになります

その結果、脳の神経細胞は活性化され、シナプス(脳内回路)も増えて、が鍛えられるというわけです。低学年のお子さまでも、通常の単行本であれば、30分くらいで読み終えられるようになるのも珍しくありません。

 

どうやって訓練するの?

速聴・速読

最初は1倍から1.5倍で、興味のある物語などを読みます。
独力で読むのと違い、声優の音声がナビゲートしてくれますので、本の嫌いな子、読むのが遅い子でも、自然と文章に親しみを持ち、物語の展開にのめりこみます。
ここでは本の素晴らしさを体験してもらおうという趣旨もあります。
そして、朗読速度を次第に上げていきます。
最初は2.5倍くらいで見失ってしまいますが、数か月も経てば読めるようになります。
さらに訓練を続け、1年真剣に取り組み続けることができれば、5倍速以上で読めるようになることも夢ではありません。
例えるなら、ピッチャーが投げてくる速球が、スローボールに見えてしまうような感覚でしょうか。
ここまで鍛えられれば、初めて接する本でも、確実に高速で内容を理解できるようになります。

速聴・速読 500冊以上の本

500冊以上の本

タイトルは、500冊以上!速く読めるようになった生徒は、どんどん読破していきます。

(1ヶ月で10冊読む小学生も)

 

どんな効果があるの?

お子さまは以下のことに当てはまりませんか?

・落ち着きや集中力がない
・計算はできるのに、文章問題ができない
・国語の文章問題が苦手、文章を書けない
・文章を読むのが遅い、全体を把握できない
・読んでもマンガ、本を読まない、読めない
・話を伝える事がうまくできない
・話を最後まで集中して聞く事ができない

これら全てを解決します!

記憶力UP

速読5倍以上になりますと、情報は左脳を介さずに右脳に直接インプットされるようになります。
この状態になると、字を絵として右脳が捉えるので、本の内容や書かれている漢字などを驚くほど記憶できるようになるのです。
読書の苦手だったお子さまが、訓練を受けるうちに、数か月で文中に出てくる漢字をスラスラと読めるようになってしまうのも珍しいことではありません。

 

集中力UP

速聴・速読は知らず知らずのうちに、文字を高速で追う(1字1字からそのうち10~20字を一時に見るようになる)ことから、大変な集中力を要します。
そして、右脳が活性化し、α~θ波の脳波が発生します。
速読を終了した後も、当分の間はα~θ波の脳波が検出できる集中状態となり、これを定期的に行うことで、普段の集中力UPにつなげられるのです。

 

成績UP

~読解・回答力UPで中学・高校・大学受験の長文問題に有利に!~
日本人が1分間に読める文字数の平均が約400字。試験時間の半分以上がただ読むための時間に費やされます。それを、4倍の速さ(1,600字)にするだけで、読むことより解くことの時間を割けるようになり、自ずと焦らずに解答することができるのです。
本番で落ち着いて問題に取り組むことが出来た!と、受験生本人から喜びの声もいただいています。

速読

音声のナビゲートが無くても速く読めるようになるのか?

明利学舎の強み3

お問い合わせの際にいただく最も多い質問です。
速聴・速読の訓練を積んでいると、必然的に数個の字を纏めて読む癖がついてきます。
また、一定速度を越えるとことで黙読を不可能とした読み方をするようになります。
これを体得した生徒は、普通に読む時も黙読をせずに、直接文字を認識する読み方をするようになります。
仮に「自動車」という文字が出てきたとしましょう。
普通は、頭の中で「じどうしゃ」と黙読してから自動車という物体を認識します。
しかし、町で自動車を見かけても「じどうしゃ」と黙読してから自動車という物体を認識する人はいないでしょう。
速聴・速読では「自動車」という文字を見た瞬間に、自動車という物体が右脳にイメージとして形成されるようになるのです。

そのような力は、本を全く読まないでいると、感覚が鈍ることはあれど、一生持ち続けることが出来ます。自転車に乗れる、泳げることなどと同様に、体に染みつくものなのです。

 

体験者の声

[速聴・速読で愛娘が変わった!] ☆南葛西 嶋田さん(小学1年生の父親)

私の第六感では「これしかない!」と思い、「速聴・速読」を始めさせました。
今まで苦手であった暗記科目の克服に最大限利用させております。
先生の声がはっきりと聞こえるようになったと言っております。
また、それまでは落ち着きのない子でしたが、「速聴・速読」をやり始めてから、集中力が持続するようになっているようです。
因みにIQも15ほど上がっていたのには、驚かされました。
今度は弟の方にも是非やらせようと思っております。

[速聴・速読で勉強が楽しくなった!] ☆西葛西 G.Hさん(小学6年生の母親)

私の子供は現在中学1年生ですが、小学5年生の時に「割合」の単元でつまづき、勉強嫌いな子供になっておりました。
たまたま「速聴・速読」の良さを聞き、子供にさせました。
「速聴・速読」はただ聴くだけでいいですので、勉強嫌いの子供でもやってくれました。
使い始めて3ヶ月位経った頃、学校の授業が良く解るようになり、数学のテストの点が30点上がりました。
子供に話を聞くと「勉強が面白くなってきた」と言い、私はこれほど大きな変化に大変な驚きと同時に感謝の気持ちで一杯です。

☆浦安市 公立中2年 吉田雅美さん

私は中1の1学期は、180人中137番目でした。
そのため1学期の終わり頃には、母の薦めで「速聴・速読」を始めました。
初めは速さにを2~3倍で1週間に4日、1日30分間聴いていました。
すると、教科書を読んでもどんどん速く読めるようになり、先生の言っていることも良く解るようになってきたので、「速聴・速読」を聴く時間を増やしたところ、2年生の2学期には200人中53番になりました。
今は勉強すること自体が楽しくなり、毎日2時間は机の前に向かっています。
これからも「速聴・速読」を続けて、3年生の1学期には、より良い成績を残したいと思います。

☆西葛西 有名私立中1年 S.Tさん

小学・中学といわゆる進学塾で、頭の中に知識を無理矢理に詰め込む勉強に追われて過ごした結果、私は「頭の良さは記憶量の多さだ」と信じ込み、思い通りにいかない劣等感にさいなまれていました。
「速聴・速読」を実践して初めてその大きな誤りに気付いたのです。
「本当の頭の良さは、開発された総合の脳力なのだ」と。
現実に私は「速聴・速読」を続けるうちに、物の見方が積極的になった上、自分の意見も積極的に話せるようになりました。
また、何でもチャレンジしてみようという前向きなやる気も身に付きました。
それまでは、英単語を覚えてもすぐ忘れていたのに、たった3ヶ月の実践で英検3級に合格し、定期テストでも100点が取れ、また、スピーチコンテストでも優勝できました。
「速聴・速読」はまさに私の人生を変えてくれた神様からの贈り物だと思っています。

[偏差値57だった英語が1年で70に。速聴・速読が志望校合格の秘密兵器]
☆早稲田大学文学部在学 佐々木康貴さん

最初はラジオの大学受験講座をテープにとって、それを速読する、という方法を採りました。
それで成績が上がったので、予備校の講座の中から、英文法、現代文・・・という風に苦手だった分野の講義を集中的に録音して、それを繰り返し繰り返し速聴しました。

その他の声

★小学1年生女子
かんじがよめるようになりました。
★小学2年生男子
本を読むのがたのしいです。
★小学4年生女子
すぐに5倍までわかるようになった。
★小学6年生女子
今では8倍で読めるので、1ヶ月で10冊読むことができました。
★中学1年生男子
ハリーポッターもあって、読みたい本が沢山あります。
★中学3年生女子
数学の文章問題や国語の長文読解でも、速く問題を読んで理解することができるので、定期試験の時に時間に余裕ができ、落ち着いて見直しができるようになったので、成績も上がりました。

速聴・速読法(脳力開発特別プログラム)受講者のIQテスト結果表
脳力(IQ)が上がると成績は当然UPします!

明利学舎 西葛西本校で実施した、IQテストの記録推移表です。個人差はありますが、全員確実にIQが上がっていることが解ります。
※5年間のデータよりIQ指数が上がることが判明したので、現在は改めて実施してはおりません。
IQテスト記録推移表

コース案内

読書くらぶ   英語de読書コース   中学受験準備クラス   中学受験スタートクラス   国私立中学受験クラス   公立中高一貫受検クラス   飛び級進学コース   高校受験コース   フォローアップクラス   人間力養成講座
合格実績     速聴・速読   YouTube   Facebook   講師募集