よくある質問

~国私立中学受験&都立・公立中高一貫受検 Q&A~

国私立中学受験&都立・公立中高一貫受検に関するご質問を中心に、よくあるご質問をまとめました。

1. 入塾について (4)

学年及びコース別に実施しており、入塾希望者全員に受けていただいております。
それぞれの応募者の人数により、ご縁をいただけない場合もございますので、あらかじめご理解願います。

昨年度までは一部予約制で対応致しましたが、今年度より予約対応はしておりません。

新学期は2月ですが、おかげさまで、前年の10月~12月実施で新小3~新小5生はほぼ満席となりますので、お早めにお申し込みをお願いします。

私立中学受験内容の学習をまったくしてない状況では無理と言わざるを得ません。
他塾さまからの転塾者なら可能性はありますが、公立中高一貫受検は基本的に受付不可となります。

2. やる気について (4)

一言で言えば、「お口チャック」です。
親の本当の愛情とは心配することではなく「お子様を認めて差上げること」です。
そして、できたことを素直に誉めてあげることでのみ「やる気を引き出すこと」は可能です。
「やる気がないと嘆く保護者」はこの逆で、「ダメ出しの子育て」に終始して、やる気の芽を摘んでいる場合がほとんどです。

お子さまを心配するのが愛情でなく、本当の愛情は「認めて受け入れる&誉め育ての環境作り」です。
それができたご家庭では、模試結果で無理と言われた志望校にいずれも合格しています。

「保護者→お子様」の順序(この逆順はありません)で最後まであきらめないご家庭は、素晴らしい合格結果が続出しております。

精神的な幼さが原因です。
中学校の説明会や体験学習に参加させる、理科が好きなら実験のある体験させる、などでスイッチが突然入るお子様もいます。

3. 受験環境作りについて (12)

標準的に長男、長女、一人子さんは個別指導。理由は、
 1.人と競う事が嫌い
 2.人を蹴落とせない優しいご性格
 3.質問苦手(プライド高く、間違って笑われたくない)
 4.マイペース
※集団指導塾に合うお子さまは、おおよそこの逆でご判断ください。

最大で片道30分が目安です。それ以上になるとお子様及びご家庭の送迎負担がかかります。

理想は男子は小3からです(特に男子は精神年齢の発達が遅く女子より早い方がベスト)。
女子は小4からでもOK。但し、当教室の場合、持上り生徒多く小2位からがベストです。

とにかく、『お子様を誉めて、認めて、受け入れて、頑張っている事を言葉に出して伝える』ことにのみエネルギーを使うことです。

ご家庭と塾双方が主役であるお子様を『認めて、受け入れて、誉め育てる』環境作りに一番エネルギーを使う事が至上命題です。

お知り合い同士でしているようです。

精神年齢が高いと、やらされてる位置から自分でやる位置にきずくのが早い
理由は自己管理が少なからず求められるためです。

精神年齢が幼い為に、やらされている位置に終始しがち、すなわち受験生である意識が希薄な傾向で、親と子の意識ギャップが激しく成果が出にくい、最も多い挫折パターンです。
小4の1年間を見ると判明します。但し、精神年齢をアップする特効薬はなく、待って差し上げるしか方法はないので高校受験にシフト変更が望ましい。

今までの頑張りを心から誉めていただき、貴方なら大丈夫よと親が自信を持ち送り出してあげる。
妙な注意は余計なプレツシャーなので禁句。

インフルエンザ予防接種は必ず受ける。
病は気からの例えも含む。
帰宅時のうがい、手洗いの履行。

あるとすれば、お子様だけの問題ではなく、原因は(1)子育て家庭環境の見直し(2)塾との連携不足だと確信します。

お母さまへの反抗期です。
それともう一つ考えられるのは、日常生活でお母さまがお父さまの言う事を心から聞いていない、ご夫婦関係に起因している場合が非常に多いと思いますので、夫婦関係を見直すことが肝要です。

4. 中学受験メリットについて (1)

教育設備、生徒指導管理能力、先生の質及び責任所在の明確化による迅速対応、大学合格実積、公立中と比べる以前の問題土俵が違い過ぎます

5. 塾内環境について (8)

年長~小3、公立中高一貫受検本科コースは全て生徒4:講師1
小4~小6の私立中学受験本科コースの算数・国語は 生徒5:講師1
但し、小5・6の理科・社会は生徒16:講師1の小集団指導

プロの社会人講師が9割です。
基本的に担任制ですのでご安心ください。

中学受験コース生は、地元の西葛西、葛西、中葛西、東葛西、南葛西、北葛西、清新町、臨海町,宇喜田以外に船堀、中央、一之江、二之江、春江町、篠崎、松江、南小岩、小松川。
江東区(南砂町、北砂、東砂、新砂、木場、東陽町、門前仲町、塩浜、猿江)
東西線沿線の浦安、妙典、行徳、南行徳、船橋、原木中山
、いずれも30分/片道以内

塾生の9割が国私立中学受験か公立中高一貫受検希望者です。

基本的に小6で卒塾となります。
但し、公立中高一貫受検者で不合格者のみ中学部への進級受入れ可。

小3以上は全員可能です。
但し、小5・6の私立中学受験コース生の理社授業(土曜/毎週)はできません。

コースにより10~16人/学年単位です。

小4、1年間の様子を見て保護者の方に面談時に素直にお伝えします。
周りの大人の都合によるミスリードを避けるためです。

6. 学習指導について (10)

当教室の大きな特徴は拘束時間が多く、塾内での練成時間を多くとります。
理由は宿題量を少なくし、保護者の家庭学習フォローの負担減を考慮しての運営方針。

小1生は速読・速聴の右脳開発で語彙力・集中力・国語力練成主体、独特のメソッドで小2生からは辞書を持たせ不明な熟語は自分で調べることの習慣化、漢字及び意味テストや文法・読解、記述指導。

24年間のキャリアですので、まったく問題ございません。
ご安心下さい。

首都圏模試で小5から参加となります。
小4時は実施せず、受験受験と追い込まない運営方針で語彙力=国語力(文法・記述等々錬成)や脳力開発学習(速読・速聴)も指導。

小6時になり志望校を決める時の目安にはなります。
しかし過去問対策を実施することで、偏差値が5~10低い場合でも合格者はおり、逆に安全校想定で不合格もあり。

国私立中学受験コ-ス生は小5から理社は全員予習シリーズを持たせ、それ以外に補助教材も使用。算国はお子様の学力レベルにより予習シリーズ、他オリジナル教材を使用となります。

春・夏・冬の各講習は小3準備コース以上は全員参加となります。
日頃の弱点補強や先取り学習に必須でございます。

実施しますのでご安心ください。
但し、面談内容は年齢相応の常識範囲対応ができれば、ほとんど合否に関係ございません。

お子様の感性に任せ、何となく気にいった所は何かを聞いてみる。
例:部活、温水プール、雰囲気、女子なら制服。

ほとんどのお子様は上がりますのでとても重要です。
他の方法は学校説明会には最低10校をお子様と参加することも、親だけ参加は厳禁です。

7. 進路指導について (5)

十二分に対応に可能です。
過去24年間の経験値がございます。

お子様の性格を見て共学、男子、女子校等々約10~15中学をご提示します。
首都圏は295校(東京179、千葉23、埼玉20、神奈川62、東京公立中高一貫校11)ありますので選択が大変です。

親が過去できたことが何で我が子は出来ないの?との葛藤が出てまいります。
その時はお子様は別人格だとご認識くださる事が肝要でもあります。

ご安心ください。
例年2月1日~5 or 6日を別途学習フォロー予定を設けており、無料対応実施しておりです。

過去24年間の中で、豊富な実績と経験値がございます。
詳細は下記よりご覧ください。
明利学舎の合格実績はこちら

8. 費用について (2)

運営方針上、塾内拘束時間を多くいただいておりますが、時間当たりで算定いただくと15~20人/クラス集団指導塾と時間当たりで比較してください。
リーズナブルだと思いますが。

必要ありません。
志望校のレベル高低関係なく全て月謝内で対応しております。

9. 公立・都立中高一貫受検について (10)

可能です。
それ以外の小石川中学、富士中学、桜修館中学校や区立九段中学等々も対応しております。

当教室の今年の合格者は内申点を含めて620点/1000点でした。
ボーダーラインは非公表ではあるものの、年度によって650点前後のときもあれば700点前後のときもあり、その時々の問題の難易度によってかなり幅が見られます。
また、これは他の公立中高一貫校にも言えることです。

全員参加必修となります。
入塾時に必ず参加条件前提でお互いに文書でお約束もいただいた上でのご縁をいただいております。
理由は不参加の場合、参加者との学習進捗がとてつもなく広がり、それ以降 講師1:生徒1のマンツーマンでの指導体制でないと無理が生じ、現在の運営形態(講師1:生徒4の体制)では出来ない相談だからです。

当てにして良い点、当てにならない点が共存、6年時の偏差値平均68で不合格者、60~63で合格者もおりますので私立模試よりは目安になりません。

当教室では原則お断りしております。
合格目標を前提の場合で、どんなに遅くとも新小5(4年の3学期2月の塾新学期)からの受入体制です。
できれば新小4(3年 3学期 2月)からならよりベスト。
理由はこの特殊な学習内容を1年で身に着けるのは困難だからです。
過去9年間で受入した年もありましたが全員不合格でした。
但し、無駄にならない学習との前提なら小6からでもよいでしょう。

ございます。
理由は、おかげさまで例年多くの参加希望者がおり、持上り組もおります関係上定員枠により実施しております。

新小3・4全学年の2学期までの範囲で 算国2科、新小5は小学4年2学期までの範囲の学力試験結果プラスアルファで総合的に判定。

一言で言うと、私立受験内容は知識を問う内容(暗記含む)、公立中高一貫は、知恵を問う内容で、公立中高一貫は、より国語力=語彙・読解・分析・記述・想像力が求められます。
以上より当教室は、小4からは国私立中学受験コースと公立中高一貫受検コース責任者及び指導講師は完全に分けての指導運営体制です。

基本的にできません。
小5からは完全にコース別になります。
理由は結果として中途半端になってしまいます。
但し、公立中高一貫受検に出題される、私立中学受験内容の規則性、場合の数等々は公立中高一貫受検コースの中で当然指導させていただいております。

例年、10月の面談時に(2月~10月)小4の10月までの学習状況を含めて中学受験に向く、向かないお子さまか総合的に判断させていただいて、塾の判断を正直にお伝えし、コース変更に対応しております。
塾の都合や親の一方的な想いで無理やり受験のレールに乗せ続ける運営はしておりません。

Load More

コース案内

読書くらぶ   YOM-TOXで学ぶ英語de読書コ―ス   中学受験準備クラス   中学受験スタートクラス   国私立中学受験クラス   公立中高一貫受検クラス   飛び級進学コース   高校受験コース   フォローアップクラス   人間力養成講座   オンラインLive授業コース
合格実績     速聴・速読   よくある質問   塾長面談予約フォーム   ジュクサガス   YouTube   Facebook   講師募集   エキテン