東京都江東区・江戸川区の幼児教育・中学受験・高校受験なら江戸川区西葛西の個別指導塾・学習塾 明利学舎(旧学研CAI西葛西教室)

2015年4月18日(土)、「親子特別授業」のフォローアップ授業を実施しました!

親子特別授業フォローアップ授業開催報告
4/4・5で実施致しました「親子特別授業」について、フォローアップ授業を行いましたので、その模様をシェアしたいと思います。

この「親子特別授業」は既報の通り、全国の学習塾・塾、民間教育の場で全員親子参加の授業は初の試みですが、実はその後にお子様限定での「フォローアップ授業」を計3回×各3時間で予定しています。

まずは「親子特別授業の内容と意義について」の動画をご覧下さい。


実際に「親子特別授業」に参加された方の反応についての動画がこちらです。


 

フォローアップがなければ身につかない

フォローアップ授業の当日は中学受験本科6年生主体で、中学生は部活大会、授業等々で、不参加が目立ちましたが、その内容について、以下ご説明します。

まずは「親子特別授業」本講義ののおさらいですが、おおまかに言うと、以下の8点です。

  ①出来るという自信と決意⇒プラスの意識と思考
  ②好奇心と集中
  ③イメージと感受性
  ④目的とビジョン
  ⑤反復する。。。回数⇒ゆっくりと正確に気持ちよく
  ⑥本当に理解する
  ⑦復習のタイミングは⇒
   1回目 24時間後⇒2回目 1週間後⇒3回目 2週間後
  ⑧プラスの言葉を使い感動して、イメージして生きる

 
次に、思考手順についての解説です。
イメージが湧きづらいかもしれませんが、以下のような手順になります。

  ①見える物をイメージに変える
  ②イメージと言葉をつなげる
  ③イメージ連結する(順番で)
  ④イメージ磁石法
  ⑤ストーリー法
  ※暗記のタイミング⇒寝る前、朝は計算等、
   そして算国学習は午前中がベスト

 
親子特別授業フォローアップ授業開催報告続いて、具体的な教科指導です。
社会地理 九州全県、近畿地方の県名各15分で全員長期記憶で習得できました。
対象は小6生と中1生です。

相変わらずこの記憶法は凄いの一言、これが普通に感じられてしまうことが素晴らしいです。
想定はしてましたが、受講前と比較し、学習のテクニックだけでなく、人間力養成講座の要素を最優先に取り入れたカリキュラムですので、生徒一人一人の表情が自己肯定感で自信に満ちた変わり様はお見せしたいほどです。

親子特別授業フォローアップ授業開催報告「親子特別授業」に取り組んでみてわかるのですが、この右脳の使い方は開成中、灘中や東大、京大等々のトツプレベルの合格者は自覚なしにできているのだろうなと思う今日この頃でもございます。
この授業をやって本当に良かったと思うのは、如何にご家庭でダメ出しの子育てをして、「誉め育てのシャワー」を浴びていないか。。という現実がわかります。

ダメだしのシャワーが親業と勘違いなされている保護者、特にお母さま方に多いのも現実、それも善意のつもりなので始末が悪い。。
それは、お母さまの「心配コレクター」に起因していると確信を持ち言えます(苦笑)

「親子特別授業」は、ご家庭の子育て環境にフォーカスしない限り、お子様への指導だけの限界を塾指導現場で感じての取り組みです。
成績はその全体の一部でしかない。。。
 

公教育でこそ、取り組むべき内容

公教育の現場でもやれば良いのに、やはり限界があるのでしょうね、。。
私は保護者面談で必ず親が子供に及ぼす原因⇒結果の因果律のお話を必ずさせていただきます。
不登校の子、いじめる子、いじめられる子、成績が上がらない子(障害児は除く)、上がる子、クラス崩壊の原因の子等々、家庭環境(親)の原因⇒結果(塾や学校でのお子様の現象)の因果律がすべてで、原因がお子様ではないと100%の確信からです。
この「親子特別授業」を通じて、より良い子育て環境作りに寄与できたら、最高と思い、これからも取り組んでまいります。

実際に参加された保護者の声をご覧下さい。

  ●自分が(母親)子供の事に対していかに『心配コレクター』であるか気ずかされ、それが子供の成長の如何に妨げになって
   いるか?  
  ●子供を見る目が変わり、口やかましく言うのをやめたら子供が生き生きとして動き始めた。。。別人の様だ  
  ●心配コレクターを卒業したいので、より上を目指し上級トレーニング参加申し込み希望(母親)  
  ●子育て環境の大事さとそれが子に与える影響について腑に落ちた又、仕事の効率が飛躍的に変わった  
  ●幼少時から某右脳教室に親子で何年も通っていたが、今回、親子授業に参加して、あれは何だったのかと愕然とした

 
次のフォローアップ授業は5/23(土)の予定です。
どんどん脳の使い方も地について来ることでしょう。
一般常識では理解できないレベルですね。
体験者しか解らない世界、ですから、この内容を見ても頭で理解は難しいと思いますが、またシェアさせていただきたいと思います。

ページ上部へ戻る