東京都江東区・江戸川区の幼児教育・中学受験・高校受験なら江戸川区西葛西の個別指導塾・学習塾 明利学舎(旧学研CAI西葛西教室)

ブログ

明利学舎の中学受験 社会指導|江東区・江戸川区 西葛西及び東西線沿線エリアで国・私立中学受験ご希望の方へ|Blog

img_1003 今年の5月に伊勢志摩サミットが行われ、 皆さんの記憶にあるうちに、 中学入試に関係のあるサミットの話題に触れることにしました。 前回のブログでの写真は、 「ドップラー効果」 についての予告でした。

 予定を変更しまして、申し訳ありません。

 中学受験の社会では、 主要国首脳会議サミット) は最も注目すべき 国際会議の一つです。 特に、日本で開催された年の翌年の入試には、 出題されやすいので注意が必要です。 場合によっては、 翌年には出題されずに、 2・3年たって、 「忘れたころ」 に出題されることもあり、 気が抜けません。

 2回にわたって、 サミットの話題を書きたいと思います。

 まず、 数字に関わるものについてです。 憶えておかないと答えることができないので、必ずチェックして下さい。

 これまでにサミットは、 42回開かれています。 第 1回は、1975年にフランスのランブイエで開催されています。 日本で開催された回数は、今回の伊勢志摩サミットで 6回目ですが、 初回 (1979年) から 3回目までは、 7年ごとに東京 (赤坂迎賓館) で開催されました。

 2000年代に入り、 今回のサミットまでの 3回は東京ではなく、 地方開催です。 九州・沖縄サミット2000年,沖縄県 名護市, 森喜朗首相)、 北海道 洞爺湖サミット2008年,洞爺湖町, 福田康夫首相)、 そして今回のサミット (三重県志摩の賢島, 安倍晋三首相) まで、 8年ごとに開かれています。

 6回ともに自由民主党所属の首相の時に開催されています。

 次回の日本開催は、 恐らく 7年後に回ってくることになるでしょう。 「2014年 クリミア危機」 が原因で、 ロシアのサミット参加は 「停止」 されたままだからです。

 次に、 今回のサミットに出席した首相 ・ 大統領の名前は、 全員憶えておきましょう。 オランド大統領 (仏)、 レンツィ首相 (伊)など、 大統領なのか首相なのか役職名も入れて憶えてください。 7か国 (G7,ジーセブン) の 7名分の名前ということになりますが、 もちろん安倍晋三首相も同様です (部でなく倍に注意)。 また、この 7か国の位置も地図で確認することは必須ですね。 EU加盟国の 28か国 (来年には、イギリスが離脱するので 27か国) の地図を見ると、 サミット参加国の英・仏・独・伊の 4か国の位置が、 ヨーロッパの西側に偏在していることを確認しておきましょう。

 記念写真を見ますと、 欧州連合 (EU) から 2名 ( 欧州委員会委員長,欧州理事会議長) も出席しますので、 9人の首脳が写っています。 女性の首脳は、 もちろんメルケル首相 (ドイツ連邦共和国) のみです。 メルケル首相は、 今回を合わせて 11回目のサミット参加ですが、今回出席した首脳の中で最多の出席回数です。 ドイツでは首相の在任期間が長いですね。 出席した首脳の中で、 自国開催のサミット (議長国) を 2回経験しているのは、 メルケル首相だけです。

 サミットにおいて特殊な言葉である 「シェルパ」 について、 見てみましょう。

 サミットの開催期間は普通、 わずか 2~3日です。 例えば、伊勢志摩サミットは、5月26日 ・ 27日の 2日間でした。 実際、 首脳が一堂に会したからとはいえ、 事前の準備もなく、 政治・経済など多岐にわたる議題を話し合って、 共同声明などの採択に至るのは不可能です。 時間が足りません。

したがって、 サミットでは、事前に 「シェルパ」 と呼ばれる黒子役をする担当者 (日本の場合は、官僚3名) の活動が欠かせません。 各国のシェルパは、 自国の首脳の意向を受けて、 互いに緊密に連絡をやり取りしつつ、 ほぼ定期的に会合してはサミットの 「成功」 に向けて、 ひたすら話し合いを行います。 各国のシェルパは、 首脳に代わり自国を代表して、 意思決定をお膳立てする役割を持っていると言えるでしょう。

 今回は、 押さえておきたい基本的な知識を中心にお話ししました。

 次回もまた、サミットに関してお話しいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

明利学舎Facebookページ

ページ上部へ戻る