東京都江東区・江戸川区の幼児教育・中学受験・高校受験なら江戸川区西葛西の個別指導塾・学習塾 明利学舎(旧学研CAI西葛西教室)

ブログ

低学年読書くらぶ~国語⑤江東区・江戸川区西葛西中学受験塾

読書くらぶ
東京都江東区、江戸川区西葛西・葛西および東西線エリアで、将来国私立受験or公都立中高一貫校受検のための幼児教育希望者はお気軽にお問い合わせ下さい!

勉強が好きに♪明利学舎読書くらぶの学習法~受験逆算(国語)⑤

前回、自己紹介シートはじめの一歩を踏み出し、筆がおしゃべりになった子どもたちの様子をお伝えしました。

自信とやる気が見えてきたら、今度はそれを原動力にして、将来役立つ感覚や技を身に付けていきます。これは勿論、毎回申し上げている受験逆算で導き出した学習内容です。

今回はその中から、擬音語・擬態語の学習についてご紹介いたします。

擬音語シート

擬音語・擬態語プリント

 

 

 

 

 

 

☆なぜ必要なの?

音や動作、様子、気持ちなどを表す擬音語・擬態語。普段何気なく使っている表現でも、意味は?と聞くと、意外と分からなかったり、見当違いの事をイメージしてしまう子が多いのが現状です。

これは○○の様子を表しているのだな○○のような気持ちだな…など、表現のイメージを持っておくことで、文章の読み取り、抜出し、置き換えなどの精度・スピードが変わってきます!

☆どうやって学習するの?

プリントにある表現に対し、何の音か、どんな気持ちか、どんな様子想像し、一つひとつ書いていき、発表します。分からないところは例文使い方などを聞き、想像を膨らませます。

※勿論プリントにある言葉だけで十分なのではなく、これをきっかけにして表現に興味を持ち、この後も擬音語・擬態語が出てきたら、どんな意味か考えたり、実際に表現を使って文章を書いたりしていきます。

☆ポイントは?

出来るだけ具体的に様子などを想像しながら取り組ませる。心の中で、実際に音を聴いたり、様子を思い浮かべたりし、ことばとイメージを繋げことで、自分の中に表現を根付かせるのです。自分でお話を創るくらいの気合で取り組みましょう!

 

実際に行ってみると、十人十色でとても興味深く、子どもたち同士で刺激を受けあい、新発見する様子も多々見られました!

次回は、そんな子どもたちの様子も交えながら、更に詳しくお伝えさせて頂きます。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

明利学舎Facebookページ

ページ上部へ戻る