東京都江東区・江戸川区の幼児教育・中学受験・高校受験なら江戸川区西葛西の個別指導塾・学習塾 明利学舎(旧学研CAI西葛西教室)

ブログ

効果的な学習法⑯|江東区・江戸川区西葛西の中学受験塾

明利学舎

東京都江東区・江戸川区西葛西・葛西及び東西線エリアで将来、国私立中学受験を目指す方のBlogです。

効果的な勉強方法を身につけよう! ⑯ たくさんの事項を暗記する究極の方法はこれだ!

理科の授業や宿題で使う教材に「一問一答式の暗記プリント」があります。次のような問題と答えが、1ページに20題ほどのっている教材です。

〔問題〕 生物が呼吸するとき、生じる気体は何ですか。       〔解答〕 二酸化炭素

〔問題〕 水蒸気が、葉の気こうから出されることを何といいますか。 〔解答〕 蒸散

〔問題〕 水があるかどうかを調べる試薬は何ですか。        〔解答〕 塩化コバルト紙

このような問題を2040題、1週間後までの宿題として課すことがあるのですが、なかなか覚えられない人がいるのですね。

覚えることができないのは、頭の良し悪しではなく、記憶するときの要領をつかんでいるかどうか、に大きな原因があると思います。

そこで「記憶力が10倍高まる、とっておきの方法」をお教えしましょう。

結論から申し上げますと、次の4つです。

1.覚える前に、その内容をじゅうぶんに理解する。

2.一度に覚えようとしない。小分けして、少しずつ覚える。

3.1日後と2日後に復習をする。

1の「内容を理解する」は言うまでもないと思います。上の例では、「呼吸」や「気こう」といった用語の意味がさっぱり分からないことには、記憶が定着しづらいことは明らかです。

2・3については、たとえば30題を1週間で覚えるときは、ある日、一度に30題全部を覚えようとせず、3回ぐらいに分けて、つまり1回につき10題ずつ覚えたほうが、はるかに効果的だということです。

そして、ある日に10題覚えたら、2日目と3日目にも必ず復習をします。最低、2回は復習を行います。

つまり、

・2日目は(①前日に覚えた10題の復習+②その日に暗記する10題)

・3日目は(①前々日に覚えた10題の復習+②前日に覚えた10題の復習+③その日に覚える10題)

をやることになります。

1日目      2日目      3日目       4日目   ・・・・      ・・・・

10題の暗記 → ①10題の復習 →  ①10題の復習

          ②10題の暗記 →  ②10題の復習 → ②10題の復習

                    ③10題の暗記 →  ③10題の復習 ・・・・

      

ややこしいように見えますが、慣れてくれば、たいしたことはありません。

もちろん、月曜日に出された宿題を、火曜日・木曜日・土曜日のように隔日で行っても構いません。

2回目、3回目の復習は、初めて覚えた日よりもかなり少ない時間ですむはずです。

にもかかわらず、一度覚えただけのときと比べると、このやり方で復習を行えば、その記憶は数十倍の確実さで脳に残ると思います。

理科なら理科で、同じようなことを覚えようとすると、それぞれの記憶があいまいになったり、混乱したりして、たがいに影響を与えてしまうのです。これを「記憶の干渉(かんしょう)」といいます。

記憶の干渉が起こらないように、脳を上手に使っていくこの工夫、ぜひ皆さんも取り入れてみてくださいね。

imagesKY95SHTM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

明利学舎Facebookページ

ページ上部へ戻る