東京都江東区・江戸川区の幼児教育・中学受験・高校受験なら江戸川区西葛西の個別指導塾・学習塾 明利学舎(旧学研CAI西葛西教室)

ブログ

効果的な学習法⑭|江東区・江戸川区西葛西の中学受験塾

明利学舎

東京都江東区・江戸川区西葛西・葛西及び東西線エリアで将来、国私立中学受験を目指す方のBlogです。

 

効果的な勉強方法を身につけよう! ⑭~これが「究極の勉強法」かも…

 

「理科と社会の宿題ですが、半分ぐらいに減らしていただけますか?」

もう、すいぶん前のことですが、Sさんのお母さんと面談したとき、とつぜん、そう言われました。

理由をたずねると、次のようにおっしゃいました。

「うちの子は、覚えることがなかなかできないので、塾で習った内容の『授業』を、親の前でやってもらうことにしたんです。

1メートル四方ぐらいのホワイトボードを買いまして、それを壁にはりつけたんですよ。そこで、私を生徒にして、へたくそな授業をしてもらうんです。」

お母さんは、冗談まじりのような口調でした。

それを聞いた私は、理にかなっているな、と直感しました。

勉強したことを覚えるためには、授業を聞いてインプット(記憶=入力)し、問題を解くことによりアウトプット(想起=出力)すること、これは基本です。

問題を解くことは、記憶を定着させ、理解を深めることに非常に役立つことは確かです。

しかし、理解や記憶がきわめて中途半端だと、練習問題によるアウトプットも功を奏しない場合があります。

それに対して、へたくそな授業をするにしても、まず、人に教えるためには、その内容をじゅうぶんに理解する必要にせまられます。

さらに、話す内容を、人が聞いて分かるように組み立てなければなりません。

理解し、頭の中で組み立てるということが、まさに勉強の本質をつかむことになり、声に出して『授業』をするということ自体が、記憶をさらに強固にします。

また、自分が『授業』をしなければならない、という前提で塾の授業を受けますから、先生の話を聞く姿勢も自然と変わるものだと思います。

人に教えることで、教える内容を逆に自分のものにする。

これは、ひょっとしたら、究極の勉強法かもしれませんね。

imagesKY95SHTM

残念ながらSさんは、面談をした2ヶ月後、父親の都合で遠くに引っ越してしまいました。

その後、連絡はありませんでしたが、その『授業』が入試まで続いていたとしたら、きっとそれなりの結果が出たのではないかな、と今でも思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

明利学舎Facebookページ

ページ上部へ戻る