東京都江東区・江戸川区の幼児教育・中学受験・高校受験なら江戸川区西葛西の個別指導塾・学習塾 明利学舎(旧学研CAI西葛西教室)

ブログ

効果的な学習法⑬|江東区・江戸川区西葛西の中学受験塾

明利学舎

 

東京都江東区・江戸川区西葛西・葛西及び東西線エリアで将来、国私立中学受験を目指す方のBlogです。

効果的な勉強方法を身につけよう! ⑬~どんなほめ言葉が子どもをやる気にさせるか。

こんにちは!

皆さんは、ご自身のお子様に対して、どのような場面で「ほめて」あげているでしょうか?

テストで良い点をとってきたとき。人に対して親切なことをしたとき。きらいなものでも残さず食べたとき…。

ほかにもいろいろ考えられますが、そのほめかたには、少しコツがあるようです。

それは、「根拠を示して」「気持ち言葉にする」ということです。

すごいね! よくやったね! がんばったね! というほめ言葉もたしかに大切でしょう。

しかし、テストを受け取ったら、たとえ5秒でもかまわないので、まずは丸をもらったところの問題にざっと目を通す。

そして、素直な気持ちになって、根拠と気持ちを投げかける。

「ここんとこ、ずいぶん難しそうな問題だけど、よくできたじゃん! なんだか、うれしいなあ!」

そのような反応は、子どもにとって意外であり、真剣に受け止めるものです。

(上の例では、「ずいぶん難しそうな問題だけどできた=根拠」「うれしいなあ=気持ち」ですね。)

「よくやったね!」というほめ言葉をかけ続けるのも良いのですが、返ってきたテストにも目を通さず、いつもの同じほめ言葉では、子供にとって真に受けていいのか、とまどうこともあるかもしれません。

あるいは、「またかあ…」といった、いわゆるマンネリになってしまい、ほめられたときの感動も起こらなくなるかもしれません。

「たとえほんのわずかの時間でもきちんと見てくれた。そして、たんなるほめ言葉ではなく、親の気持ちを表現してくれた。そして、なぜその気持ちになったのか、根拠も示してくれた。」

無意識にでもそんな理解が子どもの心の中に生まれれば、さらなるヤル気の原動力になってくれると思います。

image3

「テストを見て、ほめる根拠となる問題をさがすなんて難しい。」という声が聞こえそうです。

でも、別にピント外れでもいいんです。

たとえ、「イヤ、こんな問題は簡単なほうだよ。きっとみんなもできてるよ。」という返事が返ってきたとしても、「そうかあ。勉強のことはくわしくないからなあ。でもこの問題、お母さんには、難しそうに見えるなあ。」

そんな会話でも、親にきちんと受け取ってもらえたことがうれしくて、新たなモチベーションが引き起こされるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

明利学舎Facebookページ

ページ上部へ戻る